--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-14

バクテー(肉骨茶)

肉骨茶
マレーシアに移民した中国人の間から生まれたと言われています。
豚肉の漢方煮込みです。暑さなどで胃腸が弱った時に効きますよ!
マレーシア料理ではありますが、イスラム教を信仰するマレー系の人は食べないのだそうです。

【材料】4人分
 豚の骨付きバラ肉(スペアリブ)・・・500g
 にんにく ・・・1かたまり

 スパイス
  白コショウ・・・20粒
  シナモンステッィク・・・1本
  スターアニス(八角)・・・1ケ
  クローブ(丁子)・・・2ケ
  カルダモン・・・2粒
  ショウガ・・・親指くらいの大きさを2ケ → 薄切り

 特製ソース
  しょう油・・・大さじ2
  オイスターソース・・・大さじ1
  ウスターソース・・・大さじ1
  塩・・・適量

【作り方】
 1、お湯を沸かし、骨付きバラ肉を入れて茹で、アクを取る。アクが取れたら、お湯は全部捨てる。
 2、1.2リットルの熱湯の中に、①のスペアリブ・にんにく(ブロックをばらして、薄皮をむかずに入れる)
   スパイス類を入れ、ごくごく弱火で1時間程度煮る。
 3、特製ソースを入れ、味加減を調節し、さらに、30分ほど弱火で煮込む。

沸騰させない程度の弱火で長時間煮込み、澄んだスープに仕上げることがコツです。
お好みによって、刺身しょう油に唐辛子を入れたタレに肉だけを付けて食べたり、
スープをご飯にかけて食べたりしても美味しいです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。